m1

「1」Series / 2-Channel Reference Power Amplifier M1.1

FEATURE製品の特長

今日の最先端技術によるハイクオリティな録音を正確に再生することは、ハイエンドオーディオ機器にとって、かつてないほどに大きな挑戦となっています。それぞれの再生機器が正確に音楽の時間軸と情報を再生したときにだけ、私たちは本物の音楽のエモーションを感じることができます。
『M1』は「1」シリーズの中で最も強力で高性能なパワーアンプとして開発されました。組み合わせたすべてのスピーカーから最高のパフォーマンスを引き出すことができるように設計され、そのための機能は最先端のソフトウェアによってコントロールされています。また、パワーアンプの核となる電源部には、妥協を排した巨大な電源トランスとコンデンサーを搭載し、オーディオの基本を徹底的に追求しています。
『M1.1』では、さらにこの基本部分にメスを入れ、新型の大容量キャパシターを搭載。
厳しい負荷で低いESR(等価直列抵抗)を保つ能力を大幅にアップさせることで、明らかにサウンドクオリティを向上させることに成功しています。
『M1.1』は、もはや異次元のパワーアンプです。


《CH Precision》の独自技術を多数盛り込んだ卓越したパフォーマンスのための
充実のアナログ入出力回路。

本機の入力段は超低ノイズおよび過渡特性のために最適化された、クラスAのフルディスクリート・ゼログローバルフィードバック設計。出力段は超低ノイズドライバーを採用したクラスAのフルディスクリート構成で、チャンネルあたり7ペアのバイポーラトランジスタからなる強靭な出力段で構成されています。特許出願中のスーパーバイアスレギュレーション回路を搭載し、出力段の特性を常にモニタリング。周りの温度に影響されることなく、常時安定した信号をスピーカーに送り続けます。また、『A1』で採用した革新的なグローバルフィードバックとローカルフィードバックの割合のプログラム機能をさらに進化させ、5%ステップでの微調整を可能にしました。さらにゲイン調整は、±24dBの広範囲を0.5dBステップで細かく設定することが可能。これらの機能により、如何なるスピーカーとのコンビネーションでも最高のパフォーマンスを引き出すことが可能です。


思わず目を見張る巨大な電源トランスとキャパシター。どんなに技術が進歩しても、感動を呼ぶ音楽再生を実現するには依然として弩級に立ち向かう姿勢が必要なのです。

メインのオーディオ電源部には、大容量2200VAの巨大な電源トランスを搭載。振動を最小限に抑えるためにサイレントブロックにマウントされ、さらに電磁波障害を回避するためにマグネティック・エレクトロスタティックシールド処理が施されています。また、M1.1に新採用された2基の2極120,000uF大容量フィルターキャパシターを備えることで、低音再生・音場空間再現性を飛躍的に向上させています。
メインのオーディオ電源部はピーク電流から回避するために専用の20A電源ソケットから独立して電源が供給されます。


優れたソフトウェアが生み出す多彩な動作モード。

本機は2つの独立した出力回路(2組のスピーカーターミナル)を備えており、3つの動作モードを選択することができます。

■モノラルモード(200W/8Ω)
・ローインピーダンスのスピーカーに最適。
・使用していない一組の出力回路はミュート状態となるため、M1の電源部は使用している出力回路にのみ使用される。

■バイアンプモード(2x 200W/8Ω)
・バイワイヤリング接続対応のスピーカーに使用可能。
・それぞれの出力回路ごとに、フィードバックとゲインの調整が可能。

■ブリッジモード(700W/8Ω)
・ハイインピーダンスのスピーカーに最適。
・2000W/1Ωのハイパワー。

これらは《CH Precision》が誇る優れたソフトウェアにより、フロントパネルから簡単に設定することができます。


スイスの時計産業の中心地域で造り上げられるハイエンドに相応しいフィニッシュ。

高純度アルミニウムやスチールなどの異種金属を巧みに組み合わせ、不要な振動を効果的に排除する精緻な筐体構造。そして精密工作を誇りとするスイスならではの造りの見事さと、スイス在住日本人女性デザイナーが手がけるシャープで現代的なコスメティック。こういった《CH Precision》ならではの芸術的な仕事のほとんどは、スイスの時計産業が集まる『Watch Valley』で行われています。生粋のスイスメイドならではの美しいフィニッシュも魅力の一つです。


SPECIFICATIONスペック

Nominal input voltage 2.5V RMS balanced / 1.25V RMS single-ended
Input impedance 94kmΩ balanced / 47kΩ or 300Ω single-ended
Output power 2 × 200W / 8Ω, 2 × 350W / 4Ω, 2 × 600W / 2Ω in stereo
and bi-amp modes 1 × 350W / 4Ω, 1 × 600W / 2Ω, 1 × 1100W / 1Ω in monaural
mode 1 × 700W / 8Ω, 1 × 1200W / 4Ω, 1 × 1600W / 2Ω in bridge mode
Bandwidth DC to 450kHz (-3dB) at 1W into an 8Ω resistive load
Signal to Noise Ratio > 115dB in stereo and bi-amp modes / > 118dB in bridge mode
Total Harmonic Distortion + Noise < 0.1%(0% global feedback) / < 0.01%(100% global feedback)
Max power consumption 2200W
Dimensions/Weight 440 × 440 × 266mm(W × D × H), 71kg

PAGE TOP