sync-inter

Option Boards / D1 & C1 クロックインターフェイスボード CLOCK SYNCHRONIZATION

FEATURE製品の特長

1系統のクロック入力端子と2系統のクロック出力端子を備えており、『C1』と『D1』にそれぞれ装備して、『C1』をクロックマスターとして使用すれば、更なる音質の向上を狙うことができます。また、外部クロックジェネレーターを用いて10MHzや100kHzのような高いクロック周波数を直接入力することが可能です。クロックインターフェイスボードはシステム全体を同期させる、ハイクオリティなオーディオ再生のカギとなります。


SPECIFICATIONスペック

Synchronization  
Clock input BNC, 0.5Vpp to 5Vpp, 75Ω or Hi-Z
  44.1kHz, 48kHz, 88.2kHz, 96kHz, 176.4kHz, 192kHz, 352.8kHz, 384kHz
  22.5792MHz, 24.576MHz
  100kHz, 10MHz
Clock output 2x BNC, 2Vpp, 75Ω
  input sampling frequency or clock loopback if externally synchronized

PAGE TOP