t1

「1」Series / 2-Channel Power Amplifier A1.5

FEATURE製品の特長

小型ながら卓越した能力を持ったA1は世界中で非常に高い評価を得てきました。一方で、その「小型」ゆえに、もう少しパワーアンプとしての存在感が欲しいといった声が少なからずあったのも事実。「A1.5」は巨大な電源トランスと2基の新型大容量キャパシターを搭載し、出力パワーと筐体サイズ(高さ)をA1の1.5倍にして磨き上げた超高性能パワーアンプです。
優れたソフトウェアはそのままに、フロントパネルから簡単にステレオモード・バイアンプモード・ブリッジモードの選択が可能。また、CH Precisionパワーアンプの最大の特長であるフィードバック調整機能を搭載し、スピーカーとのマッチングを最適化することができます。また、その他のすべての設定をフロントパネルまたはCHリモートアプリから操作可能です。


Modularity
優れたソフトウェアが生み出す多彩な動作モード。
• Monaural mode (出力275W/4Ω、450W/2Ω)
• Passive bi-amp mode(出力2×150W/8Ω、275W/4Ω)
• Bridge mode (出力1×550W/8Ω、800W×4Ω)
• Active bi-amp mode(出力2×150W/8Ω、275W/4Ω、アナログモノラル入力ボードが2枚装着時選択可)
• Stereo mode(出力2×150W/8Ω、275W/4Ω、アナログモノラル入力ボードが2枚装着時選択可)

Analog Stage
• フルバランス設計
• A1.5内部のすべてのアナログ・ステージはフルディスクリート構成で、これらのセクションにはオペアンプは使用されておらず、最短のオーディオ信号経路を実現
• 最大の透過性を確保するために、信号経路にはコンデンサも出力リレーも使用されていません

ExactBias
• ExactBiasは、音楽信号と室温にかかわらず、アンプのヒートシンクと出力トランジスタの温度をモニタリングすることにより、出力段の敏感なバイアス電流を一定に保持
• ExactBiasテクノロジーで設計されたA1.5のクラスABのパフォーマンスは、通常のバイアス補正を使用したピュアAクラス設計のパワーアンプよりも優れていると言えるでしょう

Power Supply
• 振動を最小限に抑えるためにサイレントブロックにマウントされた大容量1700VAの巨大な電源トランスは、A1のそれから50%近く大型化され、電磁波障害を回避するためマグネティック・エレクトロスタティックシールドで処理
• 温度管理を徹底するため、出力段のダイオードブリッジはヒートシンクに直接取り付けられたハイパーファースト・ソフトリカバリータイプを採用
• A1.5に搭載された2基の新型大容量84,000μFキャパシターは、極めて低いESRを保つ能力を持ち、低域再現性と音場空間再現性に高い効果を提示

Global Versus Local Feedback Ratio
• 0%(local feedback only)から100%(global feedback only)の間を20%ステップで調整可能なフィードバック調整機能搭載。組み合わせたスピーカーの性能を十分に引き出します
• フィードバック調整はフロントパネルまたはCHリモートアプリから設定可能

Gain Trimming
• マルチアンプスピーカーシステムまたは組み合わせるスピーカーの感度や部屋の大きさによって厳密なゲイン調整が可能
• 0.5dBステップ・24dBレンジの調整をフロントパネルまたはCHリモートアプリから設定可能

Protections
• DSPが常にスピーカーに供給される電流・電圧をモニタリング。リアルタイムに出力パワーを計算し、万一異常が検出された場合は、直ちに電源をシャットダウン。スピーカーにダメージを与えることはありません


SPECIFICATIONスペック

Analog inputs  
Inputs type Balanced (XLR), one connector per board
  Single-Ended (RCA & BNC), one connector per board
Input impedance Balanced: 94kΩ
  Single-Ended: 47kΩ or 300Ω
Input stage JFET input stage
  Ultra-low noise, discrete fully differential stage
  24dB range adjustable gain in 0.5dB steps
Amplification  
Amplification stage Ultra-low noise full discrete class AB design
  5 pairs of complementary output transistors
Output Power 2x 150W / 8Ω, 2x 275W / 4Ω, 2x 450W / 2Ω in stereo and bi-amp modes
  1x 275W / 4Ω, 1x 450W / 2Ω, 1x 700W / 1Ω in monaural mode
  1x 550W / 8Ω, 1x 800W / 4Ω, 1x 1200W / 2Ω in bridge mode
Bias Patent-pending bias circuitry for constant bias operation
Feedback Unique user programmable local/global feedback ratio of the amplification stage
Bandwidth DC to 450kHz (-3dB) at 1W into an 8Ω resistive load
Signal to Noise Ratio Better than 115dB in stereo and bi-amp modes
  Better than 118dB in bridge mode
Total Harmonic Distortion + Noise Less than 0.1% with 0% global feedback
  Less than 0.01% with 100% global feedback
Analog outputs  
Binding posts Two pairs of Argento binding posts for loudspeakers connection
Monitoring Non-intrusive DSP-based protection of the amplifier
  Instantaneous voltage & current values are permanently monitored for each channel
Protections Short-circuit protected
  Disconnected loudspeaker detected
  Over-temperature of the heatsink
  Over-temperature of the output transistors
Power supply  
Transformer 1'700VA single transformer, oversized for low-noise operation
Power capacitors 2x 82'000uF/63V capacitors with ultra-low ESR/ESL
Regulators Non-regulated symmetrical power supply for the power stages
  Eight local regulation stages for input/driver stages
  Seven local regulation stages for the logic/display
General  
Display 480x272 pixels, 24bits color, AMOLED
Mains operation Selectable 100V, 115, 230V AC, 47-63Hz
Fuses value Standby fuse (diameter 5mm): 250mA T (230V AC), 500mA T (100V AC, 115V AC)
  Power fuse (diameter 6.3mm): 10A T (230V AC), 20A T (100V AC, 115V AC)
Power supply consumption <1W (standby), 1800W max in operation
Dimensions (L x D x H) 440mm x 440mm x 186mm (main body)
  440mm x 492mm x 198mm (overall including connectors and feet)
Weight 47kg
Remote control Ethernet based system control via the Android CH Control App

PAGE TOP